「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 28日

東電の不足電力拡充の影響

放射能汚染とその社会的影響とは長期的に付き合っていかざるを得ない。非常に残念だ。

ニコニコニュース・東日本大震​災特番 「どうなる原発、どう​する被災地」

「きっかけは天災だが、放射能汚染は人災」という見解が正しいのならば、東電の責任は糾弾されるべきだ。しかし、免責条項が適用されない理由が「国民感情」であってはならない。免責条項が不適用となるためには、東電に重大な法令違反ないしは重過失があったことが証明されなければならないはずだ。津波が福島第一原発を襲った後に海水注入などの迅速な対応が物理的に可能だったにも係わらず、東電が注入を意図的に避けたこと、それによって燃料棒露出と原発建家の破壊、格納容器の破損が生じ、放射能漏れに繋がったことを証明すべきなのだ。政府の対応も含めて事故に至った検証を行った後で初めて、免責適用の是非が判断されるべきだろう。枝野の発言は、民主党という政党の法制度軽視の姿勢を表している。

民主党政権はポピュリストであると同時に官僚の言いなりでもある。仙谷が官邸に入ったので、保安院や経産省の意向を汲んで、結局は免責条項が適用されて逃げきり!となりかねないとも思う。

いずれにせよ、この政党には国政を担う資格はない。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

それはさておき、東電の不足電力の大部分は当面はLNG火力で賄われる見込みのようだ。
Bloomberg: トヨカネツ株急騰、LNG輸入拡大見込む買い-政府が調達支援報道
JPモルガン・チェースは今月14日のリポートで、日本は最大で日量10億立方フィート、年間で約770万トンの発電用LNGを追加購入する必要がある、との推計を公表。


日量10億立方フィートは年間では約10bcm。東電のLNG輸入は年間24bcm程度なので、4割以上増える計算になる。東電には横須賀火力発電所(LNG火力)など休止中の発電所があるほか、火力はもともと原子力で賄えない需要期に補助的に使われていたはずなので、今後LNG火力が主力となった場合にLNG輸入が4割も増えるという試算は現実的な想定だと思う。そして、割高なLNGのスポット輸入に大幅に依存するだろうことこそ、東電の値上げの理由のはずなんだが、、、それこそ「国民感情」から許されないだろうw
b0165963_020146.jpg


以前の記事(天然ガス価格の動向 ② )で紹介したLNG貿易市場の輸出入マトリックスを再掲。2008年のものだが、LNGの貿易量は年間208bcm、うち日本と韓国の輸入量は132bcmと過半を占めている。
b0165963_0344248.jpg


そして東電の24bcm/yrという輸入量は、日本の30%、全世界の総取引量の11%を占める。
東電 2012新卒採用サイト: 東京電力の仕事図鑑

つまり、世界のLNG需要が5%増える計算になる。
通常ならばこの規模の需要増加は需給に大きな影響を与えるはずだが、、、LNGの需要不足はこれよりも遥かに大きいんじゃないかと思う。
やはり以前の記事(天然ガス価格の動向 ③ 需給の緩和)で示したLNGの供給力の予想だが、2011年現在においても供給力は30bcm/yrほど需要を上回っていると思う。東電の10bcm/yrという追加需要はそれなりのインパクトはあるんだが、需給が逼迫するには程遠いというのが今のところの(ど素人の)判断。
b0165963_173687.jpg

震災直後から天然ガス価格は上昇しているものの、本格的に反転・上昇に向かうのは2-3年先じゃないかと。
それよりも、原発からLNG火力へのシフト、そして生産・貯蔵・発電設備の需要増加の方が可能性が高い。
トーヨーカネツかぁ、反射神経が鈍かったなぁ。。。いつものことだけどw

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

以上は、電力不足への短期的な対応だが、長期的にはどの分野が反応すべきなのだろうか?
東電の発電能力は既に大幅にLNGに依存している。ここから更にLNG比率を高めることはエネルギー源分散の観点から好ましくないだろうし、東電もそう判断するだろう。現実的な可能性は石炭発電だろう。ただし、現有の石炭火力である常陸那珂火力、広野火力(5基中2基)はともに停止中であり、更に広野は福島第一原発の30km内にある。
b0165963_0541138.jpg


ロシアがLNG供給を倍増させようとしているのは、これを機にLNGの長期契約を原油等価で結びたいからじゃないかと邪推する。天然ガス需給が緩和し、天然ガスの取引価格を割安な市場価格連動にするチャンスなのだから、くれぐれも日本国政府および東電はスポット取引に留めるべきだ。石炭火力で能力不足を補う方針を示しつつ、LNGの価格交渉では粘り強く牽制するという戦略的な姿勢で望んでほしい。

まぁ、ど素人の妄想でしかないのだろうけれど。
[PR]

by guranobi | 2011-03-28 01:09 | energy
2011年 03月 20日

余震の発生状況・・・フォローアップ

余震の発生状況をフォローアップ。ようやく落ち着いてきているようだが、くれぐれもご注意怠りなくよう。
b0165963_9343638.jpg


また、地震のエネルギーの累計値。ジュール換算。余震の累計エネルギーは本震の1.5倍に達している計算になるが・・・計算間違いかも。
b0165963_935408.jpg

[PR]

by guranobi | 2011-03-20 09:36
2011年 03月 18日

震災に関するつぶやき

完全ど素人のボケで。


-超短期的な危機、あるいは不透明局面は昨日お昼ごろまでで終了と判断。

2ch軍板が現場の方針を速やかに把握するのには最適だった。
1-3号機の炉心注水は自動ポンプ機によって継続実施。
5-6号機の使用済み核燃料プールの水温は緩やかに上昇しているが、電源が回復すればコントロール可能。(失礼。6号機の小型の補助電源が稼働中でしたね。しかし、5・6号機についても本格的な電源確保は重要と認識)
http://plixi.com/p/84750993

よって、短期的に重要となることは
①3-4号機の使用済み核燃料プールへの継続放水によって現場の放射能濃度を抑制し、作業可能な状況を確保すること、そして
②高圧送電線からの電源を確保し、持続的な燃料棒の冷却体制を確立すること

の2点。

巨大地震特設スレッド 14
707 :名無し三等兵:2011/03/18(金) 05:09:21.46 ID:???
>>704
270氏、日本の見解として4号機のプールには水が入っていると考えてよろしいのでしょうか?

708 :270:2011/03/18(金) 05:13:01.19 ID:VlwTH7dc
>>707

十分とは言えないため3号機制圧後4号機に対する対処をおこないます。

では仕事に戻ります。


自衛隊の努力によって放射能濃度が抑制されること、そして電力が確保されることが長期的問題に本腰入れて取り組むための大前提と判断。
逆に、電力確保に難航すれば再び短期的パニックに陥るだろう。


一応、本日からようやく長期的問題に目線が向くことに。
財政法5条但し書きの適用は当然で、日銀引受による復興債発行は既定路線。問題は金額で、10兆では少なすぎ。少なくとも20兆円の日銀引受は必要で、できれば30-40兆円のオーダーで。その他に一般公募も。

電力の計画停電よりも電力料金引き上げないしは割当制が望ましいという意見に賛成。
震災が物価上昇を引き起こすという見方には懐疑的。一部の不足物資の価格は上昇するが、一方で需要が落ち込む商品もあるわけで、一般物価の上昇というよりも相対価格の調整が起きると考える。

今週末あたりの政府対応が重要になるかな~
増税はやめてよね。デフレなんだから。

#谷垣_引退しろ
[PR]

by guranobi | 2011-03-18 07:42
2011年 03月 12日

余震の状況

皆様、大丈夫でしょうか。

久しく投稿していませんでした。すみません。
今回の悲劇によって亡くなられた方々のご冥福と、被災された皆様への支援が速やかに届くことを切に願います。そして、福島原発への海水注入が成功することを祈ります。

僕にできることは何もありませんが、、、tenki.jpの地震情報をまとめました。
時系列で地震の発生状況を追った物です。
縦軸は地震のマグニチュードをジュール換算したものの対数表示(マグニチュード表示に差し替え)。横軸は時系列です。
b0165963_10332869.jpg


ご存じの通り、三陸沖では大地震発生の2日前から群発地震が発生していました。それが7時間途絶えた後に大地震が置き、それから余震が間断なく、平均して5分置きに発生しています。本日20:00台になってようやく発生間隔が広がっていましたが、22:00台に再び発生間隔が短くなっています。

また、本日04:00以降は、中越地方および関東地方での地震発生も頻発しています。プレート連動を懸念します。。。

民主党政権と東電の対応への批判はわかるが、今はもう、炉心が無事に抑制されることを祈るのみ。地震と津波の被災者の無事も願うんだけど、あまりにも原子炉のリスクがでかすぎる。


===3/13 8:00追記。グラフは最新のものに順次更新===

13日に入ってからは余震の発生頻度は15-20分程度と伸びています。また、日本海や関東などの他地域での地震発生頻度も少なくなっています。
このまま落ち着いてくれるといいのですが、余震の発生頻度が伸びた後に大型の余震がくることもあるかもしれず、皆様、くれぐれも警戒を怠らないでください。
b0165963_2321713.jpg

そして、原発をなんとか守ってくれよ。
東電の判断を狂わさないように、被災した原発を政府が補償するというインセンティブ政策でも緊急にやってくれないかな。。。批判は多いだろうが。

===3/13 18:40追記===

そうか、東北地方の観測点の多くが破壊されていたんだ。。。だから、東北太平洋での小型の余震が計測されていなかったんだな。むーーー、被災者の皆さんの不安なお気持ちは如何ほどか。

===3/13 21:00追記===

地域分類は以下のとおり。プレート分布を考えてど素人が適当にわけただけです。煽るつもりはないのでご了承下さい。

東北太平洋・北関東:
岩手県沖, 三陸沖, 宮城県沖, 福島県沖, 茨城県沖, 千葉県東方沖, 岩手県沿岸北部, 岩手県内陸南部, 宮城県南部, 福島県浜通り, 茨城県北部, 栃木県北部, 群馬県北部

南関東:
東京湾, 神奈川県西部, 千葉県北西部, 千葉県南部, 新島・神津島近海, 伊豆半島東方沖

日本海:
秋田県沖, 新潟県中越地方, 石川県加賀地方, 福井県嶺北, 富山県東部, 島根県西部, 岐阜県飛騨地方, 長野県北部

東海:
長野県中部, 長野県南部, 愛知県東部, 三重県南東沖, 三重県北部, 岐阜県美濃中西部
[PR]

by guranobi | 2011-03-12 22:46