グラの相場見通し

guranobi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:国際政治( 3 )


2009年 11月 28日

おまけで・・・

コメント欄へのお返事が長くなりそうなので、記事にて

ROM人さん、
引き続き読んでいただき、また、コメントしていただき、ありがとうございます。
米国について触れて頂いて、ありがとうございます。米国に関することをあまり書いてなかったので、妄想の続きを。

キッシンジャーの考えを理解できているとは思えませんが、、、『外交』の主題の1つは、米国外交の軸として理想主義(例外主義)と、国益(現実主義、バランス・オブ・パワー)の2つを挙げていて、理想主義に走りがちな米国の外交姿勢を、もっと国益重視の外交=バランス・オブ・パワーに移行させるべきである、というものです。

アメリカはそれゆえ、19世紀のヨーロッパと多くの類似点を持つ世界-しかも世界的広がりを持つ世界-の中に自分がいることに気付きつつある。それゆえ、メッテルニッヒのシステムと同類のものが親展するのを期待することができよう。彼のシステムでは、バランス・オブ・パワーが、価値観を共有することによって強化されている。そして現代においては、この価値というものは民主主義であるべきである。・・・下巻p536

この最後の部分の「民主主義」は、彼の思考の流れとは異質であり、たぶん、資本主義と置き換えるべきでしょう。

米国政治の説明でよく見かけるのは、ウィルソニアン、ジェファソニアンなどの4類型に分ける方法ですが、僕にはよく理解できなかった。それよりも、キッシンジャーの言う理想主義と国益という2つの軸で考えたほうが解りやすい。たぶん、この2つの軸は交わることがなく、そして通常は国益の軸が理想主義よりも上位なのだけど、重要な転換点では理想主義の軸が国益よりも上位に来て、外交の方針を決める。WWI、WWII、冷戦、など。

理想主義はウィルソン以前は孤立主義に直結していたけれど、ウィルソンによって海外と関与する方向に180度変えられた。しかし、国民感情の根底には依然として孤立主義が根強くあるのだろうと僕は思います。

この米国の理想主義というのがクセモノで、時として米国の国益を損なうことがある。キッシンジャーはその例としてスエズ動乱を挙げていて、英仏、そして米国自身の国益を損なってでも米国は英仏に撤兵を迫った。
キッシンジャーは理想主義によって米国外交の判断が狂わされるべきではなく、冷徹な国益重視の外交、バランス・オブ・パワーを貫徹すべきだと言っているんでしょうが、、、それは裏を返せば、米国の理想主義の持つ”危うさ”を認めている、ということですね。

ROM人さんの言う”調停者”としての米国は、国益の面も、理想主義の面も持っている。通常は、米国の関与を(同盟という形で無いにせよ)受け入れた地域の国々からは「アメリカの理想主義、うぜー」と思われながらも基本的には歓迎されている。それは、受け入れ国の国益にも適うからです。だけど、理想主義が変な方向に行ったら、端的には孤立主義に回帰したら、簡単に撤退などの双方の国益に反することもやりかねない。
また、キッシンジャーは米国の対イスラエル政策に触れていませんがw、これは理想主義が国益を上回っているケースですね。調停者になっていない。米国のイスラエルへの肩入れが、イスラエル保護のためなのか、それとも(田中宇さんの言う)破壊するためなのかは不明ですが、キッシンジャーの論で言えば肩入れをやめるべきです。

対米外交の要諦は、この米国の理想主義を味方につけることじゃないかと思います。逆に言えば、理想主義が自らを標的にしないように、慎重なうえにも慎重に対応しなきゃいけない。日米同盟は国益だけの繋がりですね。キリスト教や歴史的経緯という理想主義での繋がりもある、ラ米やNATO、ANZASよりも基本的に脆い。米国の理想主義は、基本的には建国の精神である宗教観を背景にしているので、宗教は大事です。

中国の立場で考えると、現状の日米同盟は東アジアに安定をもたらしているので中国の国益にも適う。しかし、十分な成長を実現した後には日米同盟がウザくなってくる。米国が普通の国ならば、海上輸送のかなめであり、国益にも合致している日米同盟を破棄するということはまずあり得ないんだけど、、、理想主義が孤立主義にブレたときには、日米同盟を米国から破棄することもあり得る。中国はその時流の変化を待ち続けるだけでいい。50年でも100年でも。それまでは、信頼できるパートナーを演じ続ければいい。

日本の立場では、まず、国益だけの脆い繋がりだという危機感が必要。鳩山にはそもそもこれがない。
そのうえで、米国の理想と異なる中国の姿、すなわち反民主主義、異民族への弾圧、反バチカンの姿勢などを影に日向に喚起すべきだと思います。
ところがハトポッポは、、、逆に米国にウゼーと思われ、不信感を招いている。


ともあれ、『外交』は本当に素晴らしい本でした。18世紀以来の膨大な外交文書や論文、歴史書のなかから、エッセンシャルオイルだけを抽出したような内容で、その芳香に圧倒されました。イスラエルに触れていないとか、中国のアドバイザーなんじゃないかとか、まーイロイロありますが、キッシンジャーは現代の知の巨人ですね。彼とツーショットのポジさん、ウラヤマシス。までも、ポジさんほどの知性がなければ側にいるだけで足がすくみますw


『外交』を読んでいて、頻繁に中国のことが浮かんだのです。中国は国際政治のことも戦略的に運んでいるような気がしてならない。通貨制度や金融制度などでも頻繁に感じることですが。。。良質の理論書を読むと、中国のことが浮かんでくる。
勃興する大国にしては中国指導部の言動には傲慢な姿勢が少ないように思う。それは、彼らが長期目標を明確に持っていて、それに至る戦略を実行しているだけであり、現在の成功も彼らの想定内のことだからだと思うのです。

僕がずーっと気になっているのは、中国の長期戦略を一体だれが作ったのか、ということです。たぶん、特定の人物か、複数だとしても極めて少数のグループが作ったのだと思う。恐らくは、存命中の朱鎔基ではないかと思うのですが、そうでないとしても、彼が首相の間に総入れ替えした国務院の部長クラスあたりかなーと。ご存じの通り、朱鎔基はそれまでの国務院の陣容を一掃して大卒のテクノクラート集団に一変させています。その人々は、習近平・李克強などの第5世代に相当すると思います。つまり、中国の指導部の質はこれから更に高まるだろうと。。。

鄧小平の偉大さは、中国と言う巨艦の舵を切ったことですが、その方向に最適の専門能力と行政力、実行力を持つ朱鎔基を見出したことでもあり、その偉大な遺産が今の中国を支えていると思います。

小沢は彼にとっての朱鎔基を見出さなければいけないはずですが、彼がそれだけの眼力を持っているとは思えないのです。
[PR]

by guranobi | 2009-11-28 14:10 | 国際政治
2009年 11月 24日

日米同盟の続き

(続き)

でね、お花畑のハトポッポですがw
私の見立ては、「権威や与党=米国に盾突く僕ってカッコイイ!」と思っているただのバカです。

ひどい言い方ですが。

友愛だとか、東アジア共同体とか、周りはイロイロと解釈をしているようですが、彼自身が明確に定義できていない。日露会見で、「北方領土について創造的なアプローチを提示してほしい」と、占領されている方が言うこと自体がどうかしている上に、「創造的なアプローチの定義を示してほしい」と突っ込まれて答えに窮する始末。深く考えてないんですよ、単に。思いつきでしゃべっているだけ。まさに、想像的w

EUに触発されて東アジア共同体に飛びついたのは解るんだが、EU(EC)よりもNATOが先に創設されているし、その後の新規加盟国も現在に至るまで、ほとんどのケースでNATOに加盟した後にEU加盟が認められている、ってーことくらい理解してるのかね?
経済の一体化の前に軍事の一体化が起きているのだよ。
日中軍事同盟を結ぶ覚悟があって言ってるのかねーw
「米国抜きのEU型東アジア共同体」なーんて言ったら、そりゃ日米同盟の破棄を示唆したものと解釈されても仕方がねーだろ。もし自分が外務省の担当者なら、米国のカウンターパートに「すみません、ウチの首相と外相は真性のバカなんで・・・」と言うことくらいしか思いつかない。

キッシンジャーは『外交』で次のように書いている(下巻p526)。

・・・しかし、”共同体”という言葉は、アジアにおいては、きわめて限られた意味にだけ適用される。というのは、太平洋地域での関係は、基本的に大西洋地域の関係とは異なるからだ。ヨーロッパ諸国は共通の制度を有する一つのグループとなっているが、アジア諸国はそれぞれが異なった、競争関係にある国だと考えている。主要なアジア諸国の相互関係は、十九世紀のヨーロッパのバランス・オブ・パワーのシステムの性質とよく似ている。一つの国の勢力がかなり大きくなると、必ずと言っていいほど、他国からそれを相殺する動きが出てくる。

実際、アジア諸国の価値観は多様性が高いと思うし、思惟方法にも大きな違いがあるようだ。社会制度の違いも幅広い。アジアにおいては、EUやNAFTAのような地域を区切った共同体を目指すよりも、より緩やかな会合、例えばAPECの方が望ましいと思う。その下で目的を絞ったサブ・フォーラムを持つか、いっそのこと2国間協議を活発に行った方が、実効性が高いんじゃないかな。


別に僕が考えているようなことを言わんでもいいけれど、鳩山が、現状認識や将来像についての明確な大局観を持っているとは思えない。もし、現状を大きく変更する将来像を示すことができたとしても、それに至るアプローチはさらに難しい。米中という2つの大国の国益に関するだけでなく、周辺諸国の思惑も絡んでくるので、強固な意志と戦略が必要になる。でないと、悪戯に不安定化させるだけだ。

鳩山は、そういった大局観や使命感を持っているわけではなく、単にお花畑を炸裂させて、米国のみならずアジア諸国からも疑念を生み、日本の信用と国益を損なっただけだと思う。


普天間基地移転についても、相手方に合意変更と言う負担を強いる以上、信頼関係を構築するほうが先だろう、フツー。けんか腰で望んでも、望ましい結論に持っていけるわけがない。
例えば、嫁さんにプレゼントをあげる約束をしていたのにボーナスが減りました、と。グレードを下げざるを得ないにしても、「給料減ったから、我慢するのが当然だろ」と言うよりも、まず「君のことを変わらず大事に思っているんだけど、、、」と言った方が、嫁さんの理解が得やすいんじゃないのかね。

岡田はたぶん女心がわからない。いや、私もですがwww
白黒はっきりしすぎていて、自分の考えを押し切るタイプで、外相といった交渉役にはそもそも不向き。

鳩山は、どうやって結論に導くかということを考えていない。米国に反対すること自体が「カッコイイ」と勘違いしている真性のバカだ。最近は自分のメンツに拘っているようにも見えるが。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

問題は、小沢と民主党なんですよね。

ポッポ鳩山が「軽くてパー」なのは明らかだが、国民に鳩山以外の選択肢を与えなかったのは小沢。鳩山がこれほどのバカで、首相に相応しくない、という常識すら持っていなかった民主党。

小沢もまた、物事をわかってないんじゃねーか、と思っているんです。

『日本改造計画』は確かによくできた本で、もしあれを自分で書いたのなら、日本の政治家としては勉強しているほうだと思う。
小選挙区制を導入したのも、その結果として政権交代・二大政党制に導いたのも小沢。タダものじゃない。
次代の中国首相である李克強が小沢邸で書生をしていた、なんてのは驚きだし、最大のライバルである中国と人脈を深めること自体は悪くない。
ニコニコ動画:青木直人:小沢一郎と中国Part1

でもね、、、
今、民主党がやっていることは『日本改造計画』で書いていることと逆なんですよね。

インド洋の給油(年間20億円)という「人的支援」を避けて、5000億円の血税をアフガンに贈るのは湾岸戦争の時と同じく、「感謝されない支援」では?
最大の実力者・小沢が首相はおろか閣僚にも入らずに、権力のありかが不透明になっているのは?
与党議員の質問や議員立法を禁じるということは、与党議員は賛成票を投じる機械ですか?有権者の意見を反映する機会を奪うということは、国民はひとりの人間ではなく、1枚の投票用紙だということですか?選択肢を提示するのは政党にしか許されないことですか?


小沢は選挙とか権力掌握の術は角栄から学んだけれど、経済のツボは学ばなかったんじゃないだろうか。権力を握って、制度を変更することはできるけれど、その結果、何をするかが解っていない。

致命的なのは、小沢の寛容性の不足と、「人を見る目がない」ことだと思う。
寛容性に欠けるので人材が集まらないのか、人を見る目がないから必要な人間でさえも排除するのかは分からない。しかし、経済や金融といった彼の専門外のことで、彼が話を聞く人間の程度は低いと思う。

日銀の白川総裁を選んだのも事実上は小沢だし(アホの大塚が入れ知恵したかは不明だがw)、問題の多い経済閣僚を”承認”したのも小沢。

前々から思っていたことですが、小沢は根っこのところでバカじゃないかと思うのですよ。大事なことが見えていないという意味で。
[PR]

by guranobi | 2009-11-24 22:56 | 国際政治
2009年 11月 24日

日米同盟について、風呂敷を広げてみました

長らく、記事を書かず、またコメントにもお返事せずにすみませんでした。
エネルギー関係の調査に挫折し、グダグダと他のことをやってました。
本当に申し訳ありません。


民主党の鳩山・岡田が日米同盟をないがしろにするかのような言動を繰り返していることに疑問を持ち、国際政治関係の本を幾つか読みました。キッシンジャーの『外交』とか、今更ですけど。
それで、、、
日米同盟こそが東アジア安定の基盤であり、日本のみならずアジア諸国の経済発展の礎ですらあるのだとの思いを強くしたのです。まぁ、当たり前ですが。
以下、素人の戯言です。言いたいことをうまく伝えられていないでしょうけれども。

日米同盟が破棄され日本から米軍が引き揚げてしまった場合を考えると、その重要性がよくわかる。
米国は西太平洋における重要な拠点を失い、日本ほどの兵站能力のあるパートナーを探すのは難しいでしょう。沖縄周辺を中心に力の空白が生じ、それを埋めようと中国・日本・ロシアなどが勢力争いを行い、軍事的に不安定になる。その時にはアジアの経済発展も不透明になる。
なので、日米同盟は、日米双方の国益に適っているのみでなく、中国を含めたアジア諸国にとっても重要な基盤なのだと思います。ま、中国の場合は「今のところは」という条件付きかもしれませんが。。。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

キッシンジャー博士やケナンに倣うと、ソビエト連邦はロシアの拡張主義的伝統と共産主義の攻撃性を内包していたので、「封じ込め」なければなかった。ソ連邦は資本主義諸国とは鼎立し得ない不倶戴天の敵であり、冷戦は米国の持つ価値観の戦いでもあった。

「米ソ関係の問題は、本質的には、国際社会の中においてアメリカという国の価値全体が試されることなのである」・・・ケナン『長文電報』


んで、米国は冷戦に勝ちました。
その結果、世界的に米国の価値観が受け入れられた。米国の価値観とは、「平和の維持、人権の促進、生活条件の向上、そして人々の権利の平等と自決権(『外交』下巻p22)」とも言えるが、端的には資本主義と言うべきか。

それでね、冷戦期には、アジアを含めた世界中で、米ソ対立の中での価値観の選択が迫られていたので、米国の文化が殊更に歓迎されていたんだろうと思うのですよ。音楽、映画、クルマ、などなど。

しかし、米国の価値観の普遍性が認められるとともに、米国の価値観は相対化された。

資本主義が一般的になり、概ね人権状況も改善し、生活水準は向上した。その結果、例えば、地域的・歴史的な文化や嗜好の違いなどが意識されるようになった。日本でも、アメ車は兎も角として、ハリウッド映画や米国音楽なんて見向きもされず、J-POPの地位が相対的に高まっているのも、そういう流れじゃないかと。

人々が意識する概念の次元が下がった、と言っていいんじゃないかと思う。

だから、米国文化の魅力の低下がこの20年間は特に大きく見える。でもそれは、米国が世界を主導してソ連邦に勝ったからじゃね?というのが、僕の疑問の1つです。

極端な比喩をすると、キリスト教が広く普及するとともに、ローマン・カソリックやプロテスタント、ギリシア正教などの違いが意識されるようになったもんかなー。宗教革命のころのカソリックも、「もうだめぽ」って思われてたんじゃねーかな。

資本主義の見直しもね、こういう側面があるんじゃないかな、と思うのですよ。非常にあいまいな考えですけど。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

それでね、中国。

中国はロシアと違って拡張主義的な歴史よりも、どちらかというと侵略を受けてきた歴史の方が多い。チベット侵略などはあるけれど、宋・明などの漢民族国家は内向的な性格を持っていたと思う。
また、鄧小平以降の政権担当者は内政を重視しているし、共産主義イデオロギーは事実上、放棄した。

だから、基本的には、ソ連邦へ行った封じ込めを行う必要はない、と米国は考えているだろう。それよりも積極的に中国を国際社会に引き込もうとしている。

しかし、勃興する経済大国は通常は軍事大国になる。
ちょっと古いけれど2007-2008のmilitary balance から。ブルーは米国と米国の同盟国(NATO、カナダ、日本、韓国、豪州、イスラエルなど)。
b0165963_20444557.jpg


military balanceは中国の軍事費についても、施設費や調査研究費を含めた推計値らしいので、まー実態を表していると考える。ご存じの通り中国の軍事費は年率2割で増えている。今後10年間、名目GDPが+10%、軍事費が+15%で増えるとすると、10年後の中国の軍事費は5000億ドル程度と、今の米国と同規模になり、また、軍事費の対GDP比も4.5%と米国並みになる。

その間、米国の軍事費も増えるだろうから、対米国の規模は50%程度にとどまるが、それでも、今の中国に英独仏を加えたくらいの相対的な規模になる。わずか10年で。侵略を受けてきた歴史を持つ中国が軍事力を過剰なまでに高めるだろうことは容易に想像がつく。が、それは周辺国の疑念を呼ぶ。

米軍は全世界に展開しているので、東アジア限定で見たときには米中の軍事バランスは均衡しはじめるのかもしれない。
中国は四方を大国に囲まれているし、治安維持のためにも軍事力を使わなきゃいけないお国柄なので、自ら危険な賭けに出る可能性は低いだろうが、政治的な駆け引きの一環で局所的な冒険主義に出るリスクは高まっていく。台湾とか、尖閣とか、沖縄とか、インド、ロシアetc...
政府が人民解放軍をどこまでコントロールできているのか疑問だし、また、経済成長が鈍化して人々の成長への希望が挫かれたときには、外敵を求めようとし易いだろう。

米国の対中政策の基本方針は米中対話などを通じて国際社会への関与を深めていくというものだが、と同時に、中国が軍事的な冒険主義に出ないように慎重に監視する、ってーことじゃないかなーと。
そのためには日米同盟が米国にとっても必要不可欠。米国や日本のみならず、東アジア、極東全域にとっても。そして、中国自身にとっても。

日米同盟は、米韓同盟、ANZAS、NATOなどとともに、封じ込めではないけれど、緩やかな監視の環を形成している。その対象は表面上はイスラム原理主義やテロリストだが、潜在的には中国。事実上、米国主導の集団安全保障の一翼を日米同盟は担っていて、インド洋の給油派遣などもその一環と看做すべきだろう。恐らくはそうした活動は憲法9条に抵触するんだろうが、、、集団安全保障とリンクした議論は民主党・与党からは見られないようだ。

・・・という風に考えるとですね、G2というのは、米中という超大国の協調体制というよりも、中国が冒険主義に走らずに経済成長を続けていけるように監視し、導く仕組みじゃないかと思うのですよ。
もちろん、中国の高成長が続き、GDPでも軍事力でも米国と肩を並べるほどになれば、いよいよ対等な立場でのG2になるのでしょうけれど。しかし、そうなったとしても、中国が米国以上の普遍性のある価値観を提示できるとは思いませんが。

僕には中国がG2を歓迎しているようには見えないんですよねー。
自尊心の高い国だから、米国にあれこれと口出しされたり監視されるのはイヤなんじゃねーかなー。

(民主党・鳩山を非難する部分に続く)
[PR]

by guranobi | 2009-11-24 20:14 | 国際政治