「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ベトナム( 1 )


2009年 03月 28日

ベトナムに関する記事

RISK WATCHDOG: On The Ground In Ho Chi Minh City
興味深い指摘で、ベトナムは輸出のGDP比率が70%と高い一方で、個人消費もGDPの65%を占める(輸入もまた大きいのですね)。インドネシアやフィリピンも含め、内需比率が高い経済は今回の調整局面でも比較的堅調らしい。こういった国々は、アジアのラテン系とでも言うべきかw、アングロ・サクソン諸国に近い消費体質を持っているのだろうか?

ベトナムの脆弱な点として、財政赤字、簿外取引の横行、ドン下落、そして貧弱なインフラを挙げているが、なによりも日本、韓国、台湾などからの直接投資(FDI)が急速に縮小していることが大きい。

それでも彼はベトナムの将来に対して楽観的で、人口構成の若さ(人口の45%が25歳以下)、そして個人消費の基盤が整ってきていることに期待しているようだ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

国際資金フローについてはマンキュー先生がIMFの対策を紹介している。

What the IMF is up to
IMFはエマージング諸国への銀行融資やFDI、債券発行の落ち込みに対応すべく、G20などで合意されたようにFCL(lexible credit line)という貸出を積極化する。
FCLは審査前に無条件で行われる(It works on prequalification, with no conditionality.)。

どこまで実効性があるかは不明だが、ちょっと凄くないですか?

踏み上げ太郎さんは、先進国(日本を除く)の量的緩和によるインフレ圧力を指摘していて、新興国の債券がインフレや財政状況などから魅力的ではないかと指摘している。
いちカイきゃすと: 2009年3月21日
先進国のインフレが高まってくるのはもうちっと先だとは思うけれど、たぶん、ご指摘の通りじゃないかと思う。
だけど、資金の流入先は資源国というよりももう少し安心感のあるところじゃないかな?
ベトナムに安心感があるわけじゃないがw、ベトナムやタイのような個人消費主体の国が消費して、もちろん先進国の消費が回復して、そののちに資源価格が本格的に上昇するような気がするが。
もちろん、その前提として国際資金フローがある程度回復することが必要でしょう。。。

過去半年ほどの展開を見ると資源株よりもamazonやhk:1044などのほうが安定したパフォーマンスを見せてきたが、それと同じような展開になるような気がする。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

紺ガエルとの生活: 半年前に落ちた猫が跳ねる、それって生きてませんから。
これまでの慧眼は過去記事を見れば明らかですね。
ご指摘していらっしゃるように、米不動産価格が下落を続ける限り、そしてCMBXの崩壊がおさまらない限り欧米銀の問題は再発を繰り返す。

まだまだ、遠いよねー
[PR]

by guranobi | 2009-03-28 11:43 | ベトナム